2007年08月15日

リトル・チルドレン

見たい映画が沢山あるけど映画館に行ける時間は限られている・・・
世間はお盆なハズなのに、なぜ時間が無いんでしょうか?不思議です。
そんな中、やっとの思いで日比谷シネシャンテに出かけました。
主演のケイト・ウィンスレットは私のフランス人のお友達に似ていることもあり、親しみのある女優さんです。彼女の出ている映画はついついチェックしてしまいます。

リトル・チルドレン
LITTLE CHILDREN
監督:トッド・フィールド
原作:トム・ペロッタ
脚本:トッド・フィールド 、トム・ペロッタ
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ケイト・ウィンスレット 、パトリック・ウィルソン 、ジェニファー・コネリー 、ジャッキー・アール・ヘイリー 、ノア・エメリッヒ 、グレッグ・エデルマン
2006年アメリカ

g`h.jpg

<あらすじと感想>
舞台はボストン郊外の住宅地。
幼い女の子がいる主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)は、子供を連れて公園デビューしてみるのだが他の主婦たちの話題に違和感を覚え、今ひとつみんなと馴染めないでいた。
同じ公園に時々現れる主夫ブラッド(パトリック・ウィルソン)はこの公園の主婦達の密かなアイドル。
ある日主婦仲間に「彼の電話番号を聞き出せたら5ドル出すわ」とけしかけられ、サラはブラッドに話しかけることになる。それがきっかけでブラッドとサラは意気投合し(他の主婦から村八分にされ)、お互いの子どもを連れてプールで会うように…
間もなく彼らは関係を持つようになり、お互い現実から逃れたいという思いから隠密旅行に出かけてみたり、ついには「かけおち」を実行しようとする。

高収入ながら平凡すぎる夫と日常生活に幻滅している主婦サラ、
美人の妻には何の不満もないものの、司法試験に落ち続け主夫をしながら勉強を続けることに漠然とした疑問をもっているハンサムでちょっと軽薄なブラッド、
幼児への偏愛を止められないまま、刑期を終えて刑務所から出てきた男とその母親、
カッとして見境がなくなってしまう性格ゆえに、警官という職を失い、妻子も逃げてしまった男・・・一見平和な郊外の街だが、そこに住む人々を見ていくと、満たされない空虚さを抱えた大人の姿が浮かび上がってくる。
人生に対する不満が大爆発しないように起こる小さな日常のドラマはひそやかに起こり、ひそやかに消えていく・・・。大きな出来事に発展するかもという高揚感を持ちながら先の見えない快楽を味わう。彼らは枠を大きくはみ出すような行動をしない限り「何も無かったのと同じことになる」日常を生きている・・・
そうして綱渡りにも似た「平凡で平和な日常生活」は繰り返されていくのだと言うことが、少し恐ろしくもあり、同時にちょっとした安堵感もあったりして、軽い虚無感におそわれます。人生ってこんな風に過ぎていくのかも知れないと思わせる映画でした。

サラの場合、ブラッドと不倫するようになった自分はまだまだ魅力があり、納得のいかない自分の人生に変化を起こせるかも知れないと考えていたのだと思います。そう信じている瞬間はとても高揚していて楽しいだろうけれど、相手の男性はサラとは別の所を見ていて決して同じ道を歩んでいるわけではない。
結局彼女は子供に救いと言い訳を求め、日常生活に戻っていきます。
不倫の純愛性、刹那の愛のすばらしさを謳ったわけでもなく、この出会いでサラ自身の生活や周りの環境が変わった訳でもないところがリアルでアメリカ映画っぽくありませんでした。
お気楽で単純な希望は持たせない映画、佳作です。
posted by Chica at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

7/16にハリー・ポッターの第6巻目の本が発売になって話題になりましたね。
ニュースをテレビで見ましたがが、日本では並んでまで購入していたのは(英語版のみだからか)大人ばかりでした。
このシリーズは第一話から全て映画館で見ているので、今回も映画館へ足を運びました。
第一話の子供らしい顔のハリーが好きだったので、ダニエル・ラドクリフがすっかり青年になってしまって、ちょっと寂しいです。
あの年齢は成長と変化が激しい時期なんだなーと実感。ラドクリフ君の成長ぶりをまるで「親戚の子」を見るような視点で見てしまいます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(シリーズ第5作目)
Harry Potter and the Order of the Phenix
監督:デビッド・イェーツ
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
製作:デビッド・ヘイマン
原作:J・K・ローリング
音楽:ニコラス・フーパー
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、ゲイリー・オールドマン、イバナ・リンチ、アラン・リックマン、マギー・スミス、イメルダ・スタウントン、デビッド・シューリス、マイケル・ガンボン、ヘレナ・ボナム・カーター
2007年アメリカ映画

ハリポタ.jpg

<あらすじと感想>
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生となったハリーたち。
闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の復活を目の当たりにしたハリーだったが、魔法省の大臣はその恐ろしい事実を認めようとしない。
さらにハリー達の活動を阻止しようとする魔法省はホグワーツ魔法学校に保守的なアンブリッジ女史を派遣。彼女は「闇の魔術に対する防衛術」の担当だったが、子供には不要な教科であると言って、まともに防衛術を教えようとしない。
ヴォルデモートとの戦いには防衛術が必要だと感じたハリー達は、アンブリッジ女史の目を盗んで独自に有志を募り「ダンブルドア軍団」を結成。来たる戦いに向けて、こっそり防衛術の鍛錬を始める。
頑固なアンブリッジ女史の恐怖政治が吹き荒れる魔法学校で、ハリー達の運命は?
そして闇の帝王ヴォルデモート卿との宿命の対決の結果は?

今回は悪役が沢山出てきます。
ヘレナ・ボナム・カーターをはじめとする「大人の魔法使い」が嬉々として悪役になり、カッコイイポーズを研究し、戦いのシーンを演じています。
ハリーの精神的成長を応援しつつ、青春と言っていい時期を過ごす彼らと一緒に「悪い魔法使い軍団」と戦う体験を味わうのは楽しいものでした。
このシリーズも5作目を迎え、前作を見ている私は映画の出来云々言うより、ハリーの成長を見届ける方に重きを置くようになってしまいました。(笑)
これはお薦めの映画なのか?というのは今までこのシリーズを見ていたかどうかにかかって来ます。
posted by Chica at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2007

ちょっと前になりますが、お誘いを受けラフォーレ原宿で開催されたSHORTS FILM FESTIVALにでかけました。
映画作りの原点、ショートフィルムはまず映画を作ろうとする人達がトライするものですので、製作側の映画に対する情熱や野心などが如実に表れていてとても面白かったです。
全部で8作品をたて続けに見ましたが全く飽きませんでしたし、素晴らしい作品もいくつかありました。
映画が好きな人が集まって、映画への熱く思いを吐露できる場。
ファンには堪らないフェスティバルです。

以下、私がみた作品をご紹介します

*In the Mood(そんな気分)
製作:Hannah Robinson
製作データ:7:00 / コメディ / イギリス / 2006
軽快で楽しい作品

*Trapped(罠)
製作:Eric Laurence
製作データ:15:00 / ドラマ / ブラジル / 2005
パラノイア的で怖い感じ

*Gratte-Papier(Penpusher)(メトロのラブレター)
製作:Guillaume Martinez
製作データ: 8:07 / ロマンチックコメディ / フランス / 2005

*Checkpoint (チェックポイント)
製作:Ben Phelps
製作データ: 11:30 / ドラマ / オーストラリア / 2006
好みではありませんでした

*Corps(ダンス部隊)
製作:Jesko von den Steinen & Tony Babinski /
製作データ:9:30 / エクスペリメンタル / カナダ / 2005

その昔デビッド・ボウイともコラボしていたモントリオールの「ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップス」みたいなダンスで綴る映画。
好みでした。

*Room 10 (10号室)
製作:Jennifer Aniston、Andrea Buchanan
製作データ:19:00 / ドラマ / アメリカ / 2006
主演:ロビン・ライト・ペン、クリス・クリストファーセン
ブラピの前妻ジェニファー・アニストンプロデュース作品。
主演はショーン・ペンの妻ロピン・ライト・ペン
ハリウッドセレブの資本が入ったショートムービーは他の作品と照明からして違います。お金かかってそうな作りでした。

*50 Cents (50セント)
製作:Mathijs Geijskes
製作データ: 5:10 / ドラマ / オランダ / 2005
可愛い映画でした

*Distant Memory (遠い記憶)
製作:Michael Schäfer
製作データ: 9:52 / ドラマ / ドイツ / 2005
グッと来る佳作です
posted by Chica at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

キンキーブーツ

予告編を見て気に入っていたのに人生ゴタゴタした時期で、結局映画館へは見に行けなかった映画です。
予想していたとおり「フルモンティ」とか「ブラス」の流れを汲む再生をテーマにしたイギリスらしいドラマでした。

キンキーブーツ
Kinky Boots
監督 ジュリアン・ジャロルド
脚本 ジェフ・ディーン 、ティム・ファース
音楽 エイドリアン・ジョンストン
出演:ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー 、サラ・ジェーン・ポッツ 、ジェミマ・ルーパー 、リンダ・バセット 、ニック・フロスト
2005年 アメリカ&イギリス

KinkyBoots.jpg

<あらすじと感想>
舞台はイギリスの保守的な田舎町。
優柔不断でどこか頼りないチャーリー(ジョエル・エドガートン)は父親の突然の死により倒産寸前に追い込まれた伝統的な紳士靴を作る工場を相続することになった。
父の時代から働いてくれていた工員のリストラをしてみたり、どうにかして工場を救いたいと必死のチャーリー。
ある日、婚約者に会いにでかけたロンドンのソーホーで偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン(頑丈な男)が履いても壊れない作りのウルトラセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。

代々コンサバティブで実用的な紳士靴を作っていた工場の従業員達は、いきなりドラッククィーンの為の「キンキーブーツ」を作ると言い出す若社長に戸惑いを隠せない・・
果たして工場はこの改革に乗って行く事ができるのか?

この映画、実話に基づいた作品だというから「事実は小説よりも奇なり」ですね。

登場人物も魅力的で、とても楽しめる映画でした。お薦めです!
(敢えて1つだけ難点を言えば、ローラ役のキウェテル・イジョフォーさん、歌があまり上手くありません。ステージでの歌のシーンでその歌唱力ゆえに人気のあるドラッククィーンという感じがしないのが残念でした。吹き替えを使ったほうが良かったのでは?と思いましたが、それ以外はパーフェクト!)
posted by Chica at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

西遊記

「フジテレビが製作している映画はテレビドラマの域を超えないシロモノなので見ない」というポリシーを甥っ子との付き合いの為に破り映画館へ出かけました。
SMAPの香取慎吾が主演、フジテレビ系列で放送されたドラマの劇場版は、西遊記のお話の中でもポピュラーな「金角と銀角」と魔法の瓢箪のエピソードが題材でした。

西遊記
監督:澤田鎌作
脚本 坂元裕二
音楽 武部聡志
出演:香取慎吾 、深津絵里 、内村光良 、伊藤淳史 、水川あさみ 、大倉孝二
2007年 日本

saiyuuki.jpg

<あらすじと感想>
天竺を目指す旅の途中、砂漠の町に立ち寄った三蔵法師一行は王宮に招かれ、魔法で「亀」にされてしまった王様と王妃様を助けて欲しいと王女玲美に頼まれる。
強い魔力を持つ金角(鹿賀丈史)と銀角(岸谷五朗)は、豊かだった王国の緑と財宝を奪い、国を支配している。
王女と孫悟空たちは一緒に金角・銀角を倒す旅に出発することになるが、果たして一行は強敵を倒せるのか?

個人的には三蔵法師は夏目雅子の方が俄然役柄に合っているような気がします。大柄な孫悟空、香取慎吾の天真爛漫さがニュー孫悟空の魅力になっているようです。
映画にちりばめられた「しょうもないギャグ」が小学生にはウケるらしく、劇場は始終笑い声で満ちておりました。
皆が楽しそうに笑っている場所にいるのもたまには悪くありません。
エンディングで流れた「ガンダーラ」懐かしくて思わず一緒に歌ってしまいました。
映画の出来をどうこうコメントするのはやめておきます。(笑)
posted by Chica at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ボルベール 帰郷

ロードショー上映開始をずっと楽しみにしていたこの映画。
さっそくスペイン語仲間と見に行きました。
アルモドバル映画に存在する強く魅力的な毒が今回の映画では感じられず、内容消化に多少時間がかかってしまい(感想を書くのが遅くなり)ましたが、女性のおおらかさ逞しさを謳った良い映画でした。

そして、「別嬪」=「格別の美しさを持つ女性」と言う言葉がこれほど的確な人はいないだろうと言うくらいにペネロペが綺麗でした。

ボルベール VOLVER
監督/脚本:ペドロ・アルモドバル
製作総指揮:アグスティン・アルモドバル
音楽:アルベルト・イグレシアス
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、 ロラ・ドゥエニャス、 ブランカ・ポルティージョ 、ヨアンナ・コボ、 チュス・ランプレアベ
2006年 スペイン映画

VOLVER.jpg

<あらすじと感想>
舞台はスペイン。
マドリッドに住むライムンダ(ペネロペ・クルス)は夫と15歳のひとり娘をもつ魅力的な女性。彼女は娘と姉の3人で久しぶりに故郷ラ・マンチャを訪ねていた。ここでは生前に自分のお墓を用意して丹念に手入れする風習がある。厳しい風が吹く大地ラ・マンチャ、そこには自慢のお墓を丹念に磨く女性達の姿があった。
お墓参りの後、彼女たちは年老いた一人暮らしの伯母を訪問。伯母は「どうやって一人暮らしが出来ているのか不思議」なほどボケが進行していた。
近所では火事で亡くなったライムンダ達の母親の霊が現れて、伯母さんを世話しているのだと噂になっていた。
マドリッドに戻ってきたある日、娘が言い寄る父親と争った挙句、父親を殺害してしまうという事件が起きた。涙に暮れる娘を見てライムンダは黙々と夫の死体を隠し、夫は家出してしまった事にすると決意し行動を開始する。
そんな最中、故郷の伯母の訃報が届く。夫の死体処理に困っていたライムンダは葬儀出席を姉に任せる。
そして葬儀の後、なぜか「伯母の世話をしていたと噂されていた母の霊」が身近に感じるようになったり、ひょんなことから隣にある空き家のレストランで勝手に営業を始めることになってしまったりして、ライムンダの身の回りは突然騒がしくなっていった。

祖母・母・娘、それぞれの人生と選択、そして隠された秘密を哀しい余韻を残しながらコミカルに描いた作品です。
スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルの女性賛歌でしょうか、彼の描き出そうとした女性達はしたたかで強く、大地のような豊穣なイメージです。
その美しき母なる大地のイメージを華やかに演じきったペネロペ、本当に艶やかでため息が出るくらい綺麗でした。この映画は彼女の代表作品になると思います。
posted by Chica at 02:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

ナチョリブレ

前に同じテーマで作られた南米映画がありました。その映画にも興味があったので、ジャック・ブラック主演のナチョリブレがロードショーになった時には行こうかどうか迷いました。結局行けなかったのでDVDを借りてみました。

ナチョリブレ 覆面の神様
Nacho Libre
監督:ジャレッド・ヘス
脚本:ジャレッド・ヘス、ジェルーシャ・ヘス、マイク・ホワイト
音楽:ダニー エルフマン
出演:ジャック・ブラック、ピーター・ストーメア、アナ・デ・ラ・レグエラ、ヘクター・ヒメネス、セサール・ゴンザレス、リカルド・モントーヤ
2006年 アメリカ
i`u.jpg

<あらすじと感想>
舞台はメキシコ。修道院で育った孤児のナチョ(ジャック・ブラック)は、大きくなって神父ではなく修道院の料理番となった。
料理を作る傍ら彼と同じ境遇の孤児たちの面倒を見ていたが、修道院の資金難がひどくて満足にサラダすら作ることが出来ない。
そこで小さな頃から憧れていたプロレス(ルチャ・リブレ)のレスラーとなって賞金を稼ぐことを決意する。かくしてナチョは相棒を探し出し、プロレス禁止の修道院の掟をやぶり、覆面とタイツを身にまとって闘いのリングへ向かった・・・。

映画を見ていて「映画館に行かなくて良かった・・・」と思いました。
ジャック・ブラックの映画は結構おもしろくて好きなのですが、この映画はイマイチでした。笑いのツボが合わなかったのかも知れません。
なので、あまりコメントはありません。
メキシコっぽい風景が楽しめるのが救いでした。
posted by Chica at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

パイレーツ・オブ・カリビアン(ワールド・エンド)

シリーズ第3弾目のこの作品、従妹がどうしても見たいと言うので行って来ました。
それにしてもさすがはディズニー映画、キャストもセットも豪華です。
売れる映画にはお金を惜しまないハリウッド映画の王道的な作品ですね。
因みに私は、前作、前々作ともあまり興味が無くチェックしていませんでした。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD’S END
監督:ゴア・ヴァービンスキー
音楽:ハンス・ジマー
脚本:デッド・エリオット、テリィ・ロシオ 
出演:ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ジェフリー・ラッシュ 、ジョナサン・プライス 、ビル・ナイ 
2007年 アメリカ

poc_bk_2_1.gif

<あらすじと感想>
いままでのあらすじを知らなくても大丈夫な映画でした。
タコの顔をした不死の海賊デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社の冷血で利己主義なベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊撲滅を着々と行う中、7つの海を駆け回る海賊達は存続の危機に直面していた。
不死の海賊デイヴィ・ジョーンズに立ち向かう為には「9人の海賊たち」を招集し、それぞれが持つ「船長の印」を集め、人間の中に閉じ込められた魔女を解放するしかなかった。それには、前作で「世界の果て」に囚われの身になっている(らしい)ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を助け出すひつようがあった・・・。
果たしてかれらは、ベケット卿を倒すことが出来るのか?

ひとクセも、ふたクセもある海賊ジャック・スパロウを主人公にしたディズニーのアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。今回はアジア人海賊役でチョウ・ユンファ、そしてジャックの父親役にストーンズのキース・リチャーズが登場するのが見所のひとつとされています。
本作はシリーズ最終章で、10の謎が全て解けるというキャッチコピーがついています。
前作を見ていないので、どれが謎だったのか知りませんが知らなくても楽しめます。
最後に延々と続くエンドロール・クレジットの後にいかにもディズニーらしい「おまけ」がついています。

実は私が一番感心したのはこのエンドロール・クレジットでした。
普通の映画には出てこないようなタイトル(仕事名)を持つ人が、驚くほど沢山いました。
撮影場所毎に「労働組合との折衝係」なる人物が10人位いるのも大規模な映画ならではですね。
映画1本で、これだけ大きな資本が動いているんだな・・・と実感できる、そんなエンドロールでした。
posted by Chica at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

真珠の耳飾りの少女

おやじキラーと異名を持ち、最近はあのジャスティン・ティンバーレイクをキャメロン・ディアスから奪ったと評判の「凄腕モテ女優」スカーレット・ヨハンソンが出ているからと言う訳では決してなく、ピーター・ウェーバー監督でフェルメールの絵がモチーフの映画だったので見てみました。

真珠の耳飾りの少女
Girl with a Pearl Earring
監督 ピーター・ウェーバー
原作 トレイシー・シュヴァリエ
脚本 オリヴィア・ヘトリード
音楽 アレクサンドル・デプラ
出演:スカーレット・ヨハンソン 、コリン・ファース 、トム・ウィルキンソン 、キリアン・マーフィ 、エシー・デイヴィス 、ジュディ・パーフィット
2003年 イギリス/ルクセンブルグ

真珠の耳飾り.jpg

<あらすじと感想>

舞台は17世紀のオランダ。
タイル職人だった父の代わりに家計を支えるため、画家フェルメール(コリン・ファース)の家で住込みの女中として働くことになった少女グリート(スカーレット・ヨハンソン)。
家の様子がようやく分かり始めた頃、フェルメールに色彩感覚とその美貌を認められたグリートは、彼の指示により妻には内緒で絵の具の調合を手伝うようになった・・・。

あの有名なフェルメールの肖像画「真珠の耳飾りの少女」をモチーフにしたベストセラー小説を映画化した作品で、妻子のいる天才画家と、画家と運命で結ばれたと信じる好奇心の強い少女の禁断の恋が非常に官能的に描かれています。
コリン・ファースも悩める好色な画家の役がぴったりでしたが、やはりスカーレット・ヨハンソンは「官能」の権化ですね。どんな役もそつなくこなす演技派ですが、どの役にも彼女の官能的なところは色濃くつきまとっています。
若干21歳なのに、どうしたらここまで官能的になれるのでしょうか?
本当に凄いですね。私でさえ映画を見るたびに思うのですから、共演者がことごとくヨハンソン嬢にノックアウトされてしまうのもわかるような気がします。
モテ過ぎていつも恋は長続きしないみたいですが、それを苦にしている様子もありません。
いつも思うことですが、あと何年こんな「ブイブイいわす」時期が続くのでしょうね。

ヨハンソン嬢の存在が映画にぴったりでしたし、17世紀オランダの街の様子や空気まで感じ取れる見事な映像も気に入りました。
posted by Chica at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

I,ROBOT

名子役と謳われたハーレイ・ジョエル・オスメント君の「A.I.」と勘違いしてテレビを見始め、一向にジュード・ロウが出てこないので変だなと思っていたらウィル・スミス主演の「アイロボット」でした。・・って全然違うじゃない!

アイロボット I, ROBOT
監督 アレックス・プロヤス
原作 アイザック・アシモフ
脚本 アキヴァ・ゴールズマン 、ジェフ・ヴィンター
音楽 マルコ・ベルトラミ
出演:ウィル・スミス 、ブリジット・モイナハン 、ブルース・グリーンウッド 、ジェームズ・クロムウェル
2004年 アメリカ

アイロボット.jpg

<あらすじと感想>
舞台は西暦2035年のアメリカ。既に世の中はロボットたちが人間と共存する世界になっていた。既に重要な労働要員として必要不可欠になっているロボットを一手に生産する最大手企業U.S.ロボティックス社は新世代の家庭用ロボットの出荷準備をしていた。
新型ロボットの発表を目前に控えたある日、U.S.ロボティックス社のロボットの開発リーダーであるラニング博士が飛び降り自殺をした。
博士の死をしり現場にかけつけた、ロボット嫌いの刑事スプーナー(ウィル・スミス)は、博士から「自分は殺された」というメッセージを受取る。
古くからの知り合いであるスプーナーは博士の死の真相を探るため、スプーナーはU.S.ロボティックス社に潜入、調査中に逃走した一体のロボット「サニー」を調べ始める・・・
果たして博士殺害の真犯人は誰なのか?
犯人の目的は何なのか?

アイザック・アシモフの小説を映画化したこの作品、ジョージ・オーウェルの「1984」や2001年宇宙の旅のHALなどを彷彿とさせる近未来的な映画です。
SFXなどもしっかりしていて、現時点ではまだ映像的にも稚拙には感じません。
お金のかかった超娯楽大作です。

おまけとしては、ウィル・スミスの肉体美みなぎるシャワーシーンなどが「ターミネーター」のシュワちゃんを連想させるかもしれません。
私は苦手ですが、マッチョがお好みの方にはお薦めです。
posted by Chica at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。