2007年12月14日

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

試写会に行って来ました!
ホリディシーズンに相応しいファミリー向けのファンタジー映画かと思ったら、意外にもちょっと違いました。
2月に公開予定だそうですが、話題にするにはタイトルが長すぎるし、「不思議なおもちゃ屋」なんて大人の女性がなかなか行かないような気がします。
予想より良い映画なのに、もったいないですね。

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
Mr.Magorium's Wonder Emporium

監督/脚本: ザック・ヘルム
音楽: アレクサンドレ・デスプラッド/アーロン・ジグマン
製作総指揮: ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン
出演: ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン、ジェイソン・ベイトマン、ザック・ミルズ、テッド・ラドジグ
2007年 アメリカ

マゴリアムおじさん.jpg

<あらすじと感想>
舞台はアメリカ。
自称243歳のマゴリアムおじさん(ダスティン・ホフマン)の経営する不思議なおもちゃ屋さんはビルが建ち並ぶ街の一角にあります。
店内に一歩足を踏み入れれば、そこはワンダーランド!おもちゃが生きているように人々と遊ぶ様子はまるで魔法の国のよう!
マゴリアムおじさんとお店で支配人として働くピアニストのモリー(ナタリー・ポートマン)、友達が一人もいない少年エリック(ザック・ミルズ)、彼らは毎日このお伽の店で楽しく働いていました。
そんなある日、突然マゴリアムおじさんはモリーにお店を譲って引退すると言い出しました。「創業113年の魔法のおもちゃ屋」を突然引継いでくれなんて言われたモリーは困惑、そしてお店に居るおもちゃ達も大パニックに!おもちゃ達はマゴリアムおじさんがいなくなってしまうことに落胆しグレーに変色、カラフルだった店内が「灰色の世界」になってしまいました。
このおもちゃ屋さんをもとのお伽の国にもどすのは、魔法を信じるモリーが奇跡を起こすしかないのでしたが、自分がおじさんのように魔法が使えるなんて全く信じられないモリーが果たして、おもちゃ屋の後継者としてお店のピンチを救う事ができるのでしょうか?

天才少女と呼ばれていたのに、今の自分に自身がもてなくてピアニストとして成功できないモリー。
変な子だと思われているからと自分の殻にとじこもり友達を作ろうとしない少年エリック。
そして本当は人間味溢れる人なのに自ら堅物だと思い込んで生きている会計士のヘンリー、それぞれが「おもちゃ屋さんの危機」を救おうと心を1つにした時に魔法の瞬間が訪れ、彼らはこう気が付くのだった。
「自分に足りないと思っていたものは自分達の中にちゃんと存在していたのだ」と
この映画を見終わった後、「オズの魔法使い」を思い出してしまいました。

自信の無い人に自信を持てというのは、言うだけなら簡単だけれど、実際に自信を回復するのは易しいことではありません。
それでもモリー達がお互いに思いやり、自信を取り戻すのを見て、きっと元気付けられるとこと思います。
ダスティン・ホフマンをはじめ役者の演技も確かで、意外と楽しめるファンタジー映画でした。お薦めです。
posted by Chica at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72812602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。