2007年12月12日

Little DJ

美貌の映画友達が誘ってくれた試写会に行ったのは11月のこと・・・光陰矢の如しです。
しかしこのタイトル、ベタですね。

Little DJ 〜小さな恋の物語〜

監督:永田琴
原作:鬼塚忠
出演:神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸、村川絵梨、西田尚美、石黒賢、原田芳雄
2007年 日本
LittleDJ.jpg

<あらすじと感想>
舞台は1970年代の函館。
12歳の太郎(神木隆之介)は野球とラジオのDJが大好きな少年だ。
彼は突然体調を崩し、病院に行くとすぐ入院することになってしまった。
彼の入院した病院には小さな子供やひとクセもふたクセもあるような大人達が入院していた。
慣れない病院生活が思っていたよりも長くなり、退院の予定すら判らない。
退屈な病院生活を送っていた太郎は、ある日病院内の放送に興味を持ち、コードを辿っていくうちに病院の離れにある大先生(原田芳雄)の家にたどり着いた。
壁一杯のレコードと立派な音響設備のある大先生の部屋に感動し、こっそり部屋に入ってDJのまね事に夢中になっていると、大先生が現れた。
大先生は太郎の「治療の一環に」と昼の放送時間のDJを太郎に任せると言ってくれたのだった。
ひょんなことから憧れのDJとしてデビューすることになった太郎は大張り切りだ。
リクエストをとったり、ネタ帳を持ち歩いたりと病院のお昼の放送の専属DJとして活躍する。
一方、太郎は同じ病院に交通事故で入院していたひとつ年上のたまき(福田麻由子)に恋をする。しかし楽しい日々は続かない、彼の病状は悪化していくのだった・・・

なんだか牧歌的というか、可愛らしいお話でしたが、2人の小さな恋の物語の演出が少々疑問でした。監督の「初恋」の演出に力が入りすぎたのでは?という印象を受けました。
日本のこの手の映画ってテレビドラマより凄いとか、ドラマとは此処が違う!って言うポイントが無いことが多いですね。

神木隆之介君、繊細な感じに成長していますね。
現在14歳らしいですが、きっと3年くらいで随分違う印象の男性に成長するんじゃないかと思います。
10代の1年はとっても長いですからね。
posted by Chica at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。