2007年07月26日

西遊記

「フジテレビが製作している映画はテレビドラマの域を超えないシロモノなので見ない」というポリシーを甥っ子との付き合いの為に破り映画館へ出かけました。
SMAPの香取慎吾が主演、フジテレビ系列で放送されたドラマの劇場版は、西遊記のお話の中でもポピュラーな「金角と銀角」と魔法の瓢箪のエピソードが題材でした。

西遊記
監督:澤田鎌作
脚本 坂元裕二
音楽 武部聡志
出演:香取慎吾 、深津絵里 、内村光良 、伊藤淳史 、水川あさみ 、大倉孝二
2007年 日本

saiyuuki.jpg

<あらすじと感想>
天竺を目指す旅の途中、砂漠の町に立ち寄った三蔵法師一行は王宮に招かれ、魔法で「亀」にされてしまった王様と王妃様を助けて欲しいと王女玲美に頼まれる。
強い魔力を持つ金角(鹿賀丈史)と銀角(岸谷五朗)は、豊かだった王国の緑と財宝を奪い、国を支配している。
王女と孫悟空たちは一緒に金角・銀角を倒す旅に出発することになるが、果たして一行は強敵を倒せるのか?

個人的には三蔵法師は夏目雅子の方が俄然役柄に合っているような気がします。大柄な孫悟空、香取慎吾の天真爛漫さがニュー孫悟空の魅力になっているようです。
映画にちりばめられた「しょうもないギャグ」が小学生にはウケるらしく、劇場は始終笑い声で満ちておりました。
皆が楽しそうに笑っている場所にいるのもたまには悪くありません。
エンディングで流れた「ガンダーラ」懐かしくて思わず一緒に歌ってしまいました。
映画の出来をどうこうコメントするのはやめておきます。(笑)
posted by Chica at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画を観たということを見ただけでびっくりしました・・。子供の付き合いという名目であれば、確かに普段観ないものを観るきっかけになりますね。私も姪を誘ってポケモンでもみるかしら(笑)
Posted by つう at 2007年07月31日 00:39
私も見るとは思っていませんでした。(笑)
異文化交流の一環とでも言うのでしょうか?
でも、決して劇場でみるのをお薦めする訳ではありませんわ。
Posted by CHICA at 2007年07月31日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49245555

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。