2007年06月21日

I,ROBOT

名子役と謳われたハーレイ・ジョエル・オスメント君の「A.I.」と勘違いしてテレビを見始め、一向にジュード・ロウが出てこないので変だなと思っていたらウィル・スミス主演の「アイロボット」でした。・・って全然違うじゃない!

アイロボット I, ROBOT
監督 アレックス・プロヤス
原作 アイザック・アシモフ
脚本 アキヴァ・ゴールズマン 、ジェフ・ヴィンター
音楽 マルコ・ベルトラミ
出演:ウィル・スミス 、ブリジット・モイナハン 、ブルース・グリーンウッド 、ジェームズ・クロムウェル
2004年 アメリカ

アイロボット.jpg

<あらすじと感想>
舞台は西暦2035年のアメリカ。既に世の中はロボットたちが人間と共存する世界になっていた。既に重要な労働要員として必要不可欠になっているロボットを一手に生産する最大手企業U.S.ロボティックス社は新世代の家庭用ロボットの出荷準備をしていた。
新型ロボットの発表を目前に控えたある日、U.S.ロボティックス社のロボットの開発リーダーであるラニング博士が飛び降り自殺をした。
博士の死をしり現場にかけつけた、ロボット嫌いの刑事スプーナー(ウィル・スミス)は、博士から「自分は殺された」というメッセージを受取る。
古くからの知り合いであるスプーナーは博士の死の真相を探るため、スプーナーはU.S.ロボティックス社に潜入、調査中に逃走した一体のロボット「サニー」を調べ始める・・・
果たして博士殺害の真犯人は誰なのか?
犯人の目的は何なのか?

アイザック・アシモフの小説を映画化したこの作品、ジョージ・オーウェルの「1984」や2001年宇宙の旅のHALなどを彷彿とさせる近未来的な映画です。
SFXなどもしっかりしていて、現時点ではまだ映像的にも稚拙には感じません。
お金のかかった超娯楽大作です。

おまけとしては、ウィル・スミスの肉体美みなぎるシャワーシーンなどが「ターミネーター」のシュワちゃんを連想させるかもしれません。
私は苦手ですが、マッチョがお好みの方にはお薦めです。
posted by Chica at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45444645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。