2007年05月28日

間宮兄弟

東京の下町が舞台と聞いてDVDを借りて見てみました。
・・・やっぱり江國香織さんとはあまり相性が良くないみたいです。

間宮兄弟
監督・脚本:森田芳光
原作:江國香織
出演:佐々木蔵之介 、塚地武雅 、常盤貴子 、沢尻エリカ 、北川景子 、中島みゆき
2006年、日本

mamiya.jpg

<あらすじと感想>
舞台は東京の下町。
兄・明信(佐々木蔵之介)と弟・徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても仲良くマンションで二人暮しをしている独身の兄弟。
浮いた話とは縁がなく、兄弟仲良く一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する・・・ごくありふれた日常にささやかな歓びを見つけ出しそれなりに楽しく暮らしている。
ある日、彼らは行きつけのビデオ屋さんの店員直美ちゃん(沢尻エリカ)と、弟の務める小学校の依子先生(常盤貴子)を誘って「カレーパーティー」を開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった・・・

互いを思いやりながらまじめに暮らしている間宮兄弟の姿を描いた映画で、特にドラマチックな展開も悲劇も起こらないけれど、その平凡ぶりに感動・・・もしなかった。面白いけれど見ていてだんだん「長すぎる」と感じてしまいました。
佐々木蔵之介と塚地は配役がぴったり、くすりと笑える兄弟をちゃんと演じていました。でもこんなに仲の良い兄弟は存在するのかしら?お母さんは中島みゆきだし、ちょっと御伽噺っぽい映画かもしれません。
彼らのイノセントな生活が浮世離れしていて、受け入れ難かったのかな・・・
あの映画を見ていると自分の生活が彼らよりはずっとドラマチックなのだと思うかも知れません。
posted by Chica at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。