2007年03月26日

僕と未来とブエノスアイレス

スペイン語系の映画ということで「僕と未来とブエノスアイレス」を借りてみました。
監督のダニエル・ブルマンはプロデューサーとしても活躍し、あのガエル・ガルシア・ベルナル主演「モーターサイクル・ダイアリーズ」の製作にも参加している方です。さては南米映画界の重鎮?そんなに年寄りでもなさそうですが・・・
僕と未来とブエノスアイレス
EL ABRAZO PARTIDO
監督:ダニエル・ブルマン
音楽:セサル・レルネル
脚本:マルセロ・ビルマヘール、ダニエル・ブルマン
出演:ダニエル・エンドレール、アドリアーナ・アイゼンベルグ、ホルヘ・デリーア
2005年 アルゼンチン
?u?G?m?X?A?C???X.bmp
<あらすじと感想>
アルゼンチン、ブエノスアイレスの下町にある多国籍なガレリア(商店街)が舞台。
主人公アリエル(ダニエル・エンドレール)は、学校を出たあと母の経営するランジェリーショップを手伝いながらなんとなくぶらぶらしている。
そして彼は退屈な日常から逃げ出したいという理由からヨーロッパに移住しようと計画中だった。
ポーランド系ユダヤ人の祖父母を持つ彼は、おばあちゃんに頼み込み、書類を揃えてポーランド大使館でパスポートを発給してもらい、「正真正銘のヨーロッパ人」としてまだ見ぬヨーロッパに暮らそうと考えていた。(当時アルゼンチンでこのようなヨーロッパへの回帰現象(?)が流行っていたのでしょうか?)
ある日、幼い頃に家を出たきりイスラエルに移住してしまった父が帰ってくることになり、父との対面を面倒くさく思う彼の現実逃避モードはますます強くなって行く。
基本的に「逃避体質」のアリエルは人生の全てから逃げている、平凡な毎日から逃げ、父親からも逃げ、母の愛情からも逃げようとする・・・まったく情けない彼が、長く不在だった父の登場で現実と向き合いはじめる様子が描かれています。
平凡な日常生活を小さなチャピターに分けて、それぞれに「ガレリア紹介」とか「ポーランド人になる」とか「ロシアの向日葵」などというタイトルをつけて紹介していくスタイルが新鮮。
感動的とは言いませんが、面白いアプローチの映画です。
自分が放棄した過去と向き合う為に戻ってきた父親役の俳優さんが素敵でした。
posted by Chica at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。