2009年02月26日

2009年度アカデミー賞全受賞結果発表!

今年も映画の祭典「アカデミー賞」の授賞式が行われました。
助演男優賞は亡きヒース・レジャーが獲得、アンジー・ブラピ夫妻は仲良く受賞を逃したようです。
日本では、「おくりびと」で外国語映画賞、「つみきのいえ」で短編アニメ賞といちどに二つの受賞で大盛り上がりですね。
全体では「スラムドッグ$ミリオネア」が作品賞ほか8部門を獲得、主な受賞結果は以下の通りです。


==受賞作品(☆印)およびノミネート一覧==
作品賞
・『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
・『フロスト/ニクソン』
・『Milk ミルク』
・『愛を読むひと』
☆『スラムドッグ$ミリオネア』

主演男優賞
・リチャード・ジェンキンス『ザ・ビジター』
・フランク・ランジェラ『フロスト/ニクソン』
☆ショーン・ペン『Milk ミルク』
・ブラッド・ピット『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
・ミッキー・ローク『ザ・レスラー』
ブラピは奥さんのアンジーと仲良くノミネートされました。ブラピはアンジーと結婚してとても幸せそうですし、運気も上がったのではないでしょうか。

主演女優賞
・アン・ハサウェイ『レイチェルの結婚』
・アンジェリーナ・ジョリー『チェンジリング』
・メリッサ・レオ『フローズン・リバー』
・メリル・ストリープ『ダウト』
☆ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

助演男優賞
・ジョシュ・ブローリン『Milk ミルク』
・ロバート・ダウニー・Jr.『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
・フィリップ・シーモア・ホフマン『ダウト』
☆ヒース・レジャー『ダークナイト』
・マイケル・シャノン『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

助演女優賞
・エイミー・アダムス『ダウト』
☆ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』
・ビオラ・デイビス『ダウト』
・タラジ・P・ヘンソン『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
・マリサ・トメイ『ザ・レスラー』

監督賞
・デビッド・フィンチャー『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
・ロン・ハワード『フロスト/ニクソン』
・ガス・ヴァン・サント『Milk ミルク』
・スティーヴン・ダルドリー『愛を読むひと』
☆ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』

長編アニメ賞
☆『Wall-E ウォーリー』
・『Kung Fu Panda カンフー・パンダ』
・『Bolt ボルト』

外国語映画賞
・『The Baader Meinhof Complex』(ドイツ)
・『The Class』(フランス)
☆『Departures おくりびと』(日本)
・『Revanche』(オーストリア)
・『Waltz With Bashir』(イスラエル)

脚本賞:『ミルク』
脚色賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
撮影賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
編集賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
美術賞:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
衣装デザイン賞:『ある公爵夫人の生涯』
メイクアップ賞:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
視覚効果賞:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
録音賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
音響編集賞:『ダークナイト』
作曲賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
歌曲賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
長編ドキュメンタリー賞:『マン・オン・ワイヤー』
短編ドキュメンタリー賞:『SMILE PINKI(原題)』
短編実写映画賞:『SPIELZEUGLAND(原題)』
短編アニメ賞:『つみきのいえ』

posted by Chica at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。