2007年08月31日

明るい瞳

ポスターとタイトルに惹かれ応募した試写会が久しぶりに当ったので、喜び勇んで見に行きました。フランス映画です。
余談ですが、試写会の場所は「スペースFS汐留」でした。
知らない場所なので調べたらなんと以前は「徳間ホール」と呼ばれていた所でした!
しばらく試写会に行ってないんだなぁ・・としみじみ思いました。

明るい瞳
Les Yeux Clairs
監督・脚本:ジェローム・ボネル
製作:ジェローム・ボネル  
出演:ナタリー・ブトゥフ、マルク・チッティ、ジュディット・レミー、ラルス・ルドルフ、オリビエ・ラブーダン
2005年 仏

↓ね?この写真気持ち良さそうでしょ?
?.jpg

<あらすじと感想>
舞台はフランス、小さな町に兄夫婦と暮らすファニー(ナタリー・ブトゥフ)。
彼女は自分の内側から聞こえる「声」に悩まされ、周囲の人から「気が変」だと思われている。自殺未遂を起こしたり、精神病院や施設にはいっては戻ったりしており、定職もなく社会になじめずに生きている。
ある日、兄嫁のちょっとした浮気を目撃してしまい、それを兄に言えないストレスから兄嫁に暴力を振るってしまう。
その晩、兄に「病院にもどった方がお前の為だ」と涙ながらに説得され、ファニーは自分を理解してもらえない孤独に絶望しながら車に乗って発作的に家出をしてしまう。
手持ちのお金はほんのわずか、彼女はドイツの小さな村で亡くなりその村に葬られたという父のお墓を探しに行くことにした。

そんな旅の途中に車がパンク、そこはドイツの小さな村だった。
森に住む木こりのオスカーと出会う。
彼は英語もフランス語もわからないし、ファニーもドイツ語は全くダメ。2人は無言のままなんとか意思の疎通を図る。
映画の後半はファニーとオスカー2人の物語なので無声映画のようにセリフは全くありませんが、2人の心の機微はよぉーく判ります。

面倒な人間同士の関わりのない、大自然のパワーが感じられる森の中での素朴な生活・・・
ファニーでなくても癒されそうです。

ラストシーン、発作的に逃避したファニーはオスカーの元に戻るかのように示唆されていましたが、私は戻らないと思います。
森で出合った王子様との心休まる無言の生活は永遠に続くわけではないように感じました。
ただオスカーの存在はファニーを癒し、彼女が前進するための大きな助けとなったことは確かではないかと思います。
しっとりとした大人しい恋愛コメディとも言えます。

{l.jpg
特筆すべきは(?)
今年30歳の監督↑がとてもとても繊細な感じのなかなか素敵な人だと言うことです。
「ジェローム・ボネル」で検索すると彼の来日時のインタビュー記事などで監督のルックスをチェック出来ます。皆様のお好みだといいのですが・・・(笑)
posted by Chica at 02:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

イタリア的恋愛マニュアル

イタリア人だって恋愛ベタがいる!なんていうコピーにひっかかり映画館へ出かけました。(笑)
銀座にあるこの映画館は金曜日がレディスデー、そんなに混んでないと思って出かけたのですが、満員でした。みんなもこのコピーにひっかかったのかしら?
イタリアでも大ヒットしたそうなので、amigaにこの映画を見たかどうか聞いてみようと思います。

イタリア的、恋愛マニュアル
原題:MANUALE D'AMORE
監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ
脚本:ジョヴァンニ・ヴェロネージ 、ウーゴ・キーティ
音楽:パオロ・ブォンヴィーノ
出演:シルヴィオ・ムッチーノ 、ジャスミン・トリンカ 、マルゲリータ・ブイ 、セルジオ・ルビーニ
2005年 イタリア

C^AI.jpg

<あらすじと感想>
舞台はイタリア、無職の彼女無しのトンマーゾは偶然出会ったジュリアに一目惚れし、猛アタック!しかし彼女の反応は冷たくて・・・果たして彼の恋の行方は?
4組の男女がおりなすオムニバス形式のコメディ調恋愛映画で、フレッシュな彼らの他には倦怠期を迎えすでに情熱の失せたバルバラとマルコの夫婦、平凡が取り得だと思っていた夫が浮気していたと知り、腹いせに交通違反取り締まりに精を出す婦警オルネッラ、そして妻に逃げられた小児科医のゴッフレードが登場する。
ゴッフレードは、まじめで気が小さい自分を変えようと「恋愛マニュアル」を購入し実践してみるがうまくいかない・・・とそれぞれの話は独立しているものの、登場人物が微妙に重なり合っている。
袖振り合うも他生の縁とイタリアでも言うのかしら?

フランス人同様、常に恋愛を陽気に謳歌しているというイメージがあるイタリア人ですが、恋多き分、悩みも多いのかもしれませんね。
恋する人は年齢も仕事も境遇も関係なく、悩み、傷つき、そして恋することの喜びを知るのでしょう。それが人生ですね。
恋愛沙汰の楽しくて、滑稽で、ちょっとぎこちない状態をコミカルに描いている映画です。

そして恋愛にはマニュアルなんか存在しないという結論もインターナショナルでもっともなご意見だとおもいました。
恋はバランスが大事。相手のことだけを考えて、二人の関係を続けていくとだんだん恋そのものが重くなってしまうものです。
バランスを取りながら上手に恋をしていくというのは、イタリア人に限らず恋する者、すべてのテーマと言えそうですね。
特にシリアスじゃなく、コメディなので楽しく見られました。
posted by Chica at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ヘアスプレー

ミュージカルで大ヒットした作品を映画化、ジョン・トラボルタが太っちょの母親役を演じる!と言う事で話題でした。
監督が2年がかりでトラボルタの出演交渉に当ったなんていうエピソードもあります。
トラボルタでミュージカル映画というと70年代にオリビア・ニュートンジョンと主演した「グリース」を思い出しますが、60年代のキュートでポップなファッション、歌、ダンスが楽しい映画です。

ヘアスプレー HAIRSPRAY
監督:アダム・シャンクマン
脚本:レスリー・ディクソン
音楽:マーク・シェイマン
出演:ジョン・トラボルタ 、ニッキー・ブロンスキー 、ミシェル・ファイファー 、クリストファー・ウォーケン 、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン
2007年アメリカ

HAIRSPRAY.jpg

<あらすじと感想>
舞台はアメリカのボルチモア。人種差別が色濃く残る60年代。
巨漢と言ってもさしつかえない太っちょのトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)はおしゃれとダンスに夢中な女子高生。彼女と親友ペニーの夢は人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」にダンサーとして出演すること。
この人気番組のプロジューサー・ヴェルマ(ミシェル・ファイファー)はブロンド性格ブスの同級生アンバーの母親、美貌を武器に「ミス・ボルチモア」から今の地位にのし上がった彼女は人種差別とエゴの激しい野心むき出しの女性。彼女が取り仕切る番組には愛娘をメインに起用し、もちろん黒人の姿はない。白人であろうと、外見が「規格外」なトレーシーなど、もちろん出る幕は無かった。
しかし、ひょんな事からトレーシーは母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切りテレビ番組に出演、一躍人気者になってしまう。
何事にもポジティブで偏見を持たないトレーシーは、学校の居残り授業で知り合った黒人の生徒達とダンスを通して友達になる。

白人の子が黒人の子と仲良くなるなんてありえないという風潮の中、黒人の友人の為にデモ行進に参加し、警察のお尋ね者になったりする。
楽しく明るいミュージカルの中に60年代に横行していた社会問題へのアンチテーゼを織り交ぜてあります。

映画では60年代独特のヘアスタイルやファッション、POPな歌などがキュートですが、一番の注目ポイントはトレーシーの性格です。
自分の外見をまったく気にしない「陽100%」のトレーシーは、見ていて羨ましいくらいです。
そこまでポジティブシンキングだったら世の中怖いもの無しに違いありません。
トレーシーのような思考回路だったら人生幸せに生きられるかもしれません。

天然の着ぐるみ人形みたいな巨漢ではありますが、彼女の笑顔はとてもキュートで魅力的。
実際に着ぐるみと特殊メイクで頑張ったお母さん役のトラボルタも大変だったと思いますが、ギスギスした悪女役を嬉々として演じたミシェル・ファイファーや、実はミュージカル出身だったお父さん役のクリストファー・ウォーケンにも拍手です。
圧巻だったはクイーン・ラティファ。
この映画での彼女はとても美しく、歌声も素晴らしかったです。彼女の出ていたもう一つのミュージカル映画「シカゴ」よりも生き生きとして華がありました。
全体的に明るくてポップなアメリカンミュージカル、たまに見るのもいいかも知れません。
posted by Chica at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

オーシャンズ13

カリスマ詐欺師ダニー・オーシャンと仲間達のシリーズの第3作目はお誕生日に従妹達と一緒に見に行きました。
スターの豪華共演でいつも話題になるこの映画ですが、私は登場人物の中でケイシー・アフレック(のルックス)が一番のお気に入りです。
随分と地味なところがツボだとお思いになるかも知れません。(笑)
現在32歳のケイシーはあの(ちょっとおバカさんな)ベン・アフレックの弟にして、早逝のスター、リバー・フェニックスの妹レインボーのご主人でもあるんですよ、ご存知でしたか?(トリビア?)

オーシャンズ13
OCEAN'S THIRTEEN
監督:スティーブン・ソダーバーグ  
製作総指揮:ジョージ・クルーニー、スティーブン・ソダーバーグ
脚本:ブライアン・コッペルマン、デヴィッド・レヴィーン
音楽:デヴィッド・ホームズ  
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、エレン・バーキン、アル・パチーノ、ケイシー・アフレック、オプラ・ウィンフリー  
2007年 アメリカ

13.jpg
 
<あらすじと感想>
舞台はラスベガス。世界のホテル王バンク(アル・パチーノ)に騙されたルーベンは生死の境をさまよっていた。
育ての親的存在のルーベンの為にリベンジを果たすべく、オーシャンが立ち上がった。
ターゲットはバンクが新しく建てた難攻不落の巨大ホテル。完全無欠のセキュリティシステムを破り、彼らは見事バンクに仕返しすることが出来るのか?!

何と言ってもスティーブン・ソダーバーグ監督と主演のジョージ・クルーニーが道楽で作っている映画なのでセットもキャストも超豪華です。
映画の展開もテンポもいつもの通りなので、ストーリーについて云々語る必要はないかも。
今回は敵役に演劇界の重鎮として俳優達の尊敬を集めているアル・パチーノとエレン・バーキンを迎えており、敵役だったアンディ・ガルシアとクルーニーは手を組んでいます。

「アル・パチーノとエレン・バーキン」と言えばなんといっても「シー・オブ・ラブ」を思い出します。
あの頃は二人とも超セクシーでしたが、この映画でのアル・パチーノは蝋人形みたいでした。(67歳で蝋人形化するにはまだ早いです。子供だってまだ小さいんだからもう少し現役感や色気を復活させて頑張って欲しいです。)
一方、エレン・バーキン(のボディ)は驚いたことにまったくの衰え知らずです。
彼女は既に50歳を軽く越えているはずですが、かなり鍛えられた素晴らしいセクシーボディでした。最近映画に出ていなかったので彼女を久しぶりにスクリーンで見ましたが、魔性の女ぶりは健在です。
私の苦手な「目と目が離れている顔」に分類されるファニーフェイスの彼女は、アメリカではモテモテです。(それにしてもジャックリーン・ケネディを筆頭に目と目が離れている顔に関しては、アメリカ人はとても寛大ですね。歯並びにはうるさくて八重歯だって許さないのに、目と目の距離は気にならないようですね・・不思議です)

エレンは私が大好きだったガブリエル・バーンと結婚して子供が2人おりますが、その後バーン氏と離婚して、2000年にレブロン社のオーナーと再婚&離婚、更に2006年にテレビ局オーナーと再婚しています。
世界有数のお金持ちと結婚し、女優なんてしなくて良いご身分なので映画には出ていなかったんでしょうね。
それでもジョージ・クルーニーのオファーは特別だったんですね、久々のカムバック、昔とあまり変わらないエレン・バーキンをスクリーンで見ることが出来て、感激しました。

今回の見所はエレン・バーキンの健在ぶりと、ジョージ・クルーニーの渋い笑顔じゃないかと思うくらいです。ブラピは影が薄かった・・・
posted by Chica at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

リトル・チルドレン

見たい映画が沢山あるけど映画館に行ける時間は限られている・・・
世間はお盆なハズなのに、なぜ時間が無いんでしょうか?不思議です。
そんな中、やっとの思いで日比谷シネシャンテに出かけました。
主演のケイト・ウィンスレットは私のフランス人のお友達に似ていることもあり、親しみのある女優さんです。彼女の出ている映画はついついチェックしてしまいます。

リトル・チルドレン
LITTLE CHILDREN
監督:トッド・フィールド
原作:トム・ペロッタ
脚本:トッド・フィールド 、トム・ペロッタ
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ケイト・ウィンスレット 、パトリック・ウィルソン 、ジェニファー・コネリー 、ジャッキー・アール・ヘイリー 、ノア・エメリッヒ 、グレッグ・エデルマン
2006年アメリカ

g`h.jpg

<あらすじと感想>
舞台はボストン郊外の住宅地。
幼い女の子がいる主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)は、子供を連れて公園デビューしてみるのだが他の主婦たちの話題に違和感を覚え、今ひとつみんなと馴染めないでいた。
同じ公園に時々現れる主夫ブラッド(パトリック・ウィルソン)はこの公園の主婦達の密かなアイドル。
ある日主婦仲間に「彼の電話番号を聞き出せたら5ドル出すわ」とけしかけられ、サラはブラッドに話しかけることになる。それがきっかけでブラッドとサラは意気投合し(他の主婦から村八分にされ)、お互いの子どもを連れてプールで会うように…
間もなく彼らは関係を持つようになり、お互い現実から逃れたいという思いから隠密旅行に出かけてみたり、ついには「かけおち」を実行しようとする。

高収入ながら平凡すぎる夫と日常生活に幻滅している主婦サラ、
美人の妻には何の不満もないものの、司法試験に落ち続け主夫をしながら勉強を続けることに漠然とした疑問をもっているハンサムでちょっと軽薄なブラッド、
幼児への偏愛を止められないまま、刑期を終えて刑務所から出てきた男とその母親、
カッとして見境がなくなってしまう性格ゆえに、警官という職を失い、妻子も逃げてしまった男・・・一見平和な郊外の街だが、そこに住む人々を見ていくと、満たされない空虚さを抱えた大人の姿が浮かび上がってくる。
人生に対する不満が大爆発しないように起こる小さな日常のドラマはひそやかに起こり、ひそやかに消えていく・・・。大きな出来事に発展するかもという高揚感を持ちながら先の見えない快楽を味わう。彼らは枠を大きくはみ出すような行動をしない限り「何も無かったのと同じことになる」日常を生きている・・・
そうして綱渡りにも似た「平凡で平和な日常生活」は繰り返されていくのだと言うことが、少し恐ろしくもあり、同時にちょっとした安堵感もあったりして、軽い虚無感におそわれます。人生ってこんな風に過ぎていくのかも知れないと思わせる映画でした。

サラの場合、ブラッドと不倫するようになった自分はまだまだ魅力があり、納得のいかない自分の人生に変化を起こせるかも知れないと考えていたのだと思います。そう信じている瞬間はとても高揚していて楽しいだろうけれど、相手の男性はサラとは別の所を見ていて決して同じ道を歩んでいるわけではない。
結局彼女は子供に救いと言い訳を求め、日常生活に戻っていきます。
不倫の純愛性、刹那の愛のすばらしさを謳ったわけでもなく、この出会いでサラ自身の生活や周りの環境が変わった訳でもないところがリアルでアメリカ映画っぽくありませんでした。
お気楽で単純な希望は持たせない映画、佳作です。
posted by Chica at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

7/16にハリー・ポッターの第6巻目の本が発売になって話題になりましたね。
ニュースをテレビで見ましたがが、日本では並んでまで購入していたのは(英語版のみだからか)大人ばかりでした。
このシリーズは第一話から全て映画館で見ているので、今回も映画館へ足を運びました。
第一話の子供らしい顔のハリーが好きだったので、ダニエル・ラドクリフがすっかり青年になってしまって、ちょっと寂しいです。
あの年齢は成長と変化が激しい時期なんだなーと実感。ラドクリフ君の成長ぶりをまるで「親戚の子」を見るような視点で見てしまいます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(シリーズ第5作目)
Harry Potter and the Order of the Phenix
監督:デビッド・イェーツ
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
製作:デビッド・ヘイマン
原作:J・K・ローリング
音楽:ニコラス・フーパー
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、ゲイリー・オールドマン、イバナ・リンチ、アラン・リックマン、マギー・スミス、イメルダ・スタウントン、デビッド・シューリス、マイケル・ガンボン、ヘレナ・ボナム・カーター
2007年アメリカ映画

ハリポタ.jpg

<あらすじと感想>
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生となったハリーたち。
闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の復活を目の当たりにしたハリーだったが、魔法省の大臣はその恐ろしい事実を認めようとしない。
さらにハリー達の活動を阻止しようとする魔法省はホグワーツ魔法学校に保守的なアンブリッジ女史を派遣。彼女は「闇の魔術に対する防衛術」の担当だったが、子供には不要な教科であると言って、まともに防衛術を教えようとしない。
ヴォルデモートとの戦いには防衛術が必要だと感じたハリー達は、アンブリッジ女史の目を盗んで独自に有志を募り「ダンブルドア軍団」を結成。来たる戦いに向けて、こっそり防衛術の鍛錬を始める。
頑固なアンブリッジ女史の恐怖政治が吹き荒れる魔法学校で、ハリー達の運命は?
そして闇の帝王ヴォルデモート卿との宿命の対決の結果は?

今回は悪役が沢山出てきます。
ヘレナ・ボナム・カーターをはじめとする「大人の魔法使い」が嬉々として悪役になり、カッコイイポーズを研究し、戦いのシーンを演じています。
ハリーの精神的成長を応援しつつ、青春と言っていい時期を過ごす彼らと一緒に「悪い魔法使い軍団」と戦う体験を味わうのは楽しいものでした。
このシリーズも5作目を迎え、前作を見ている私は映画の出来云々言うより、ハリーの成長を見届ける方に重きを置くようになってしまいました。(笑)
これはお薦めの映画なのか?というのは今までこのシリーズを見ていたかどうかにかかって来ます。
posted by Chica at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。